2008年4月29日火曜日

アレックス・ロドリゲス故障者リストへ+ヒューズまたもダメ


太ももの怪我で8年振りにDL入り。
ヤンキース、怪我人だらけというよりも一番大事な2人がいなくなりました。
A-Rodはおそらく15日で戻って来ますがポサダはまだ結論は出ず。本人は相当痛いか、おかしいと思ってるようでとりあえずの診断は大きなダメージは見つからなかった様も色んなお医者さんに診断を求めるよう。

うーん。いなくても勝てるとは思うけれどやっぱりアレックスがいないと面白くはないですね。他のファンも言ってましたが期待するものがない。
写真は4月の頭のゲームより。



とりあえず松井はしばらく4番。休みもないはず。まあ、DH、レフト、一塁が溜まってる事には変わらんですが(笑)

今日の試合の写真はあとでアップしますが、いつまでもたってもよくならない若手のヒューズとケネディ。
たとえトッププロスペクトでも苦労するのは普通ですがやはりニューヨークでは我慢がきかない。

やっぱりトレードしとけばよかった、と言う声がちらほらと聞こえてくるところ。。

一人前になるまでに2年とかかかる事もあるのよお。
プロスペクトは僕の専門(笑)なので僕は我慢が効きますがねえ。

つづきはあとで。 もっと読む

メッツとブーイング

ワシントンDC(時間ができたらまとめようかなあ)で2試合見て、そのあと休みなくホームに帰って来たあともずっと見てるので何だか追っかけの気分になりましたね。

もう開幕からそうですが、ヨハン・サンタナが来ようが昨年の沈没を引きずってるのは明らかでとにかくシェイスタジアムのファンは今まで以上に我慢のない連中が増えてます。
道理を分かってるファンの方が当然多いですが、ブーイングというのは聞こえちゃうんですよねえ。
もうかなり前からそういうカルチャー(サンタナ自身が言ったように負けてる時期が長いのもあるでしょう)はありましたがとにかく自分のチームの選手にも簡単にブーイングが。今年はもうホント簡単に始まります。
DCで情けない負けをしたあとの金曜もどうしようもない負け。でもそのあと2つきっちり取りました。こういういい勝ち方を続けて行かないとこのブーイングをすぐ始める習慣は止まらんでしょうね。
気持ちは分かるが頼むから辞めてほしいところね。自虐的なファンが多いのは前から一緒ももう何も分かってない奴らも多いんでねえ。まあ期待度が高いこの数年、スター選手もいれば人気もあるので仕方ないところか。。

開幕から左腕のリリーバーのスコット・ショーエンワイスはブーイングでしたが、今は頑張ってるのもあり落ち着いてます。
一番の敵は下の写真のブレーブスのチッパー・ジョーンズではなく、自チームの選手かと思う時ありますもんね。特にカルロス・デルガド。当然と言えば当然の成績なんですが、日曜は2本塁打でカーテンコールをファンは要求しましたが、出て来ず。本人はそんなにたいした状況でのHRでなかったので出なかった、と言ってますがメディアは無視した、と。まあ、2年前にカルロス・ベルトランも同じ様な状況でしたが、確かに手のひら裏返した様な反応は腹立つでしょう。ブーイングは多数がしてなくても聞こえてしまうとファンの総意にとられちゃうんですよねえ。


下は土曜の試合から。
この人デュアナー・サンチェスは2度の肩(タクシー内の事故による脱臼)の手術から帰って来て活躍。ファンからの天敵のひとりになったアーロン・ハイルマンに代わり8回を投げるセットアッパーに復帰? サンチェスはブーイングとは正反対に歓声が大きいです。ライトと彼とあとはライアン・チャーチくらいは少しの失敗ではブーイングは聞こえないでしょうね。

この時は8回にランナーを置いて出て来て、ジェフ・フランコアーをダブルプレーで終了。ブルペンの救世主に近いですよ、ホント。


日曜はちょっと事情で1時間もいなかったので試合前のシェイスタジアムのサヨナラカウントダウン。Mr. Metが出て来てあと70試合に。この日はファンにフォーム・フィンガー(よくファンが付けてる人差し指がたった形の応援グッズ)が配られてちょっとうれしかったです(笑)

この日は相手はジョン・スモルツが先発。分が悪いかと思えば彼は肩の痛みで手を取られて降板。
あからさまな衝突とかではないので、あれですが某フィラデルフィアなんかだと、ファンが本気で喜びますから、そこまではメッツファンは落ちてないかな?多分。


月曜は雨で中止。雨のシティ・フィールド、新球場。かなり完成してますね。


最後のビデオはこの人も今は大歓声。ファンをエキサイトさせるクローザーのビリー・ワグナーの土曜、9回の2アウト目を取る三振。クローザーという立場上、一球でブーイングが聞こえては来ますが、今年はここまで完璧。去年も前半は好調でしたがここまでではなかったですねえ。

シェイスタジアム名物(よくもわるくも)である爆音の飛行機も一瞬キャッチ(笑)
となりにラガーディア空港があるからね。

video もっと読む

ポサダの怪我と最近のヤンキース


なんだか最近こういうタイトルが多いですが、どうもいそがしいんですよね。ワシントンから戻って来てそのあとはずっと球場にいる気がします。ヤンスタとシェイを往復してます。
たまってるのは近いうちアップします。

明日からやっとヤンキースが戻って来ますが色々起こってますねえ。

まずはやはりポサダの怪我。肩がやはりよくないようで自身初の故障者リスト入り。
James Andrewという著名な外科医に診断を受けに行くようで。
アメリカのスポーツ界ではこれイコール最悪の事態の可能性が十分あるということ。
手術ね。
ポサダ自身も35歳の捕手としてあり得ない破格の4年の新契約のあと、申し訳ないと思ってるようですが。。
チームで一番抜けたら困るのはポサダなんですよねえ。
とりあえずはホセ・モリナががんばるしかないんでしょうが、ポサダがどれだけアウトになるかってのは重要です。(UPDATE: とりあえず初期診断では大きなダメージはないようです)

怪我と言えばアレックス・ロドリゲスも足の怪我でまた2、3日アウトです。先週と同じ部位を痛めてます。治る前から出て来るからねえ。彼も怪我に強い人なんですが。。。

今日のデイリーニュースではロジャー・クレメンスが若い歌手と浮気をしただのしないだのと書かれてました。彼女が15歳の時から親しいらしいですが。。。
いやはや、クレメンスの薬物問題以降、メディアは手のひら返して攻撃してます。まあ、常識的にステロイドやHGHを使ってたと考えるのは当たり前ですが、さすがメディアです。
まあ、ファンは幻滅してますがあんまり激しい事いうファンには会った事ないですけどね。複雑なんでしょう。

松井秀喜はなんだか2試合連続でお休み。まあ、サバシア相手は当然でしょうけど、その前も休みとは思わなかったです。ジェレミー・サワーズ。軟投の左腕。ふーん。
まあ、この4月の時点では松井にとってもチームにとっても悪くはないと思いますね。とにかく使えない(調子悪い)選手と使いたいけど使えない選手が多い。どっちも使わないとよくならないし、調子も保てない。松井もヒザは大丈夫なようもいい休養にはなってるでしょうね。
順番に主力が休みを取るのはいいとは思うけどちょっとやはりロスターが込み合い過ぎですねえ。ジアンビがやはりねえ。凡退か四球かたまに本塁打か。。。ダンカン使ってほしいですねえ。

このあとの左腕は明日、デトロイトのケニー・ロジャース、木曜はネート・ロバートソン、金曜5/2にシアトル戦でエリック・ベダード。来週の火曜にインディアンスの今長絶好調のクリフ・リー、木曜にCCサバシア。東地区は左腕がほとんどいないし、AL自体にもあんまりはいないんですが、結構当たりますねえ。
5/2と5/8は松井は休みかもですね。ALなので代打って使いにくいんですよねえ。

怪我と言えばジョバ・チェンバレンも太ももがちょっと張ってた様もすぐに復帰。
この前、新ボスのハンクがジョバを先発にすぐにでも使いと吠えてましたが、このジョバは先発かリリーフかの議論がまた復活。
ジョバがホントにエースになれるのならそりゃ先発。既にリリーフでは証明されてるともいえるし、クローザーも問題はないはず。なので今年中、そして来年も先発でメジャーで試されるはず。
ちらっと見た感じとこれまでのマイナーでのスカウティングレポートを集める限り、やはり先発というべき。ただのハードスローアーではないんでね。カーブやチェンジ、あの目一杯気味の投球、過去の怪我の歴史がどうでるかですがダメなら戻る所があるしね。

ハンクの言い分もヒューズもケネディもムシーナもいまいちなんで気持ちは分かります。派手に言っちゃうところがオバカさんなんですね。
ムースはこの2試合いいし、ヒューズやケネディは雨とかもあって流れに乗れてないんでもうちょい我慢でしょう。

そのブルペンですがリベラは絶好調。彼もまた長期契約もらった一人ですが、こっちは問題ないでしょうね。何だかこの数年力が落ちてるとか言われてますが、いつも言ってるように心配はいらないと思いますね。この人は尋常な投手ではないです。そりゃ若い頃とは違うかもですがほとんど力は落ちてないでしょう。
この2人以外はどうかと言えば不安は多いですよね。ファーンズワースはこの前のボストン戦で打ちまくってたマニー・ラミレスに当てに行って頭をミスったあとにブーイングしかしてなかったファンから声援を受けたのに気をよくしたのか、ちょっとがんばってはいます。あとは新人のアルバラデホ。彼は結構使えると思ってますが彼が7回に使えるようになるか?期待されてたはずのオーレンドーフはちょっと狂ってます。
痛いのは気を入れ替えたブライアン・ブルーニーが足首の怪我で今季絶望。左腕のビリー・トレーバーは応援してましたがいまいちの為にマイナー落ち。
誰か出て来ないとジョバを動かすことはちょっとできないですねえ。

打線はデーモンは復調(使わないとよくならないってのはこういうこと)、カノーは未だに全く。彼は後半戦男という事に確信を持ちました(笑)

最後は、これ。あえて書いてなかったですがこの前のレッドソックス戦の前から話題だったのはこれ。
新球場、かなりできてますが、この工事現場で働いてたレッドソックスファンの人がビジターのロッカールームになるあたりにデービッド・オルティスのユニフォームをコンクリートと一緒に埋めたという話。
ヤンキースに呪いをかけるために、それも自分が生きてるだろう30年間だけ(笑)、埋めたらしいですが、その事を誰かに話したらしく、その話を伝え聞いたある人がニューヨーク・ポスト紙に電話、記事にりました。そこから取材と調査、証拠写真がでてきて、一度は否定したヤンキースもそういうことがあったと言い直して、結局500万円かけて掘り起こす事に。。
よくもまあ、こんなことが起こったもんです。埋めた人も自慢するのをもうちょっと待ってりゃあ手遅れだったのに。この人にホントのおとがめはないはず(とっくにそこでは働いてません)。
このユニフォームはチャリティオークションでソックスファンが1800万円で落札。。。

呪いってのはこんな風にはかけられません。自分で自分に呪いがかかる様なことをするんですよね。よほどひどい事をしたので呪われるのが普通。こんな風に相手を呪おうってのは虫がよすぎです。

このユニフォームの一件って呪われるのはレッドソックスのような話(逆に新ヤンスタで全然勝てなくなる、みたいな)だったんですが、ヤンキースがそれにのせられてあえて掘り起こした事でやはりヤンキースが呪われる様な(笑)

ま、笑える話ではあります。
ちなみにヤンキースタジアムで働いてる人やスタテンアイランド・ヤンキース(NYにあるヤンクスのマイナーチーム)で働いてる人の中でもレッドソックスファンはいますよ。あんまり大きい声ではいわないですが(笑)

写真はこの前の日曜にヤンスタでミサをした現ローマ法王の記念の碑。モニュメントパークに即日掲げられました。これでローマ法王の碑は3つに。ちなみにその下はお休み中の98歳になるボブ・シェパード場内アナウンサーと右はテロの追悼と救助者への感謝の碑です。 もっと読む

2008年4月23日水曜日

ワシントン一日目速報(?)、メッツ、ナッツとパンダ




パンダとメッツ対ナッツの為だけに来てます(笑)ホワイトハウスもスミソニアンの他の博物館も見ない可能性大。

と言う事でとりあえず写真を何枚か。

ナッツの新球場は今はやりのタイプですね。うーん、悪くはないですが何だかありきたりに感じちゃいました。フィリーズの方が同タイプとしてはいいかも。

サンタナ、好調では決してなかったけど(毎年後半戦男だしね)、3勝目。ウィリーと。

笹を食べるパンダ。 もっと読む

最近のメッツと自分とサンタナ

ローマ法王のヤンキースタジアム訪問、そしてオールスターゲーム、頭の悪いメジャーリーグ関係者のためにヤンクスもメッツもなぜかずっと試合がニューヨークでない日が続きます。(メッツとヤンクス重なりまくり出し。ヤンキースは寒い4月を避けてよりいい時期に試合が多くなるのでマイナスではないんでしょうけど)

風邪を引いてたのは何とかやっと治ったんですが、先週ぼーっとしてたのかタクシーの中で仕事用の携帯をなくして一苦労。データは全部バックアップしてあるんで問題ないですが、面倒なんですよねえ。
どうせ僕以外誰も使えないんだから届けろよ、と思うが届けてくれないのねえ。どのタクシーかドライバーの名前まで偶然覚えてるんですが。
まあ、新しいのにするしかないか。。。

いまいちな状態なのはメッツも一緒。いいのか悪いのかわからんのは去年の中盤以降と一緒。
ことあるごとに去年の話が出て来てしまうのが今年のメッツ。本気で勝ち始めないとあの転落からの話題は消えないでしょう。

でまあ、その去年を忘れる為に来たサンタナ。その初登板、大分前になってしまいましたが。。。風邪で39度近く熱があったけど、馬鹿な僕は薬飲んで見に行きました。

天気はよくて暖かかった土曜日。3年前のペドロのシェイデビューも天気のいい4月の最初の土曜でしたね。その時は大歓迎のまま終わりましたが。。。去年(またか。。)のあとだと、期待と我慢のなさが大きすぎて大変です。

でも、ブーイングはないでしょう。3被ホームラン、それもコーチから復帰のゲーブ・キャプラーにも(調子がよかったのもあるんでしょうが)打たれてるし、気持ちは分かるけどねえ。
ちょっと長く投げさせすぎたけれど、なんとか2−3のまま試合を持たせてほしかった。。

試合後のサンタナのコメントは簡単に言うと「長く負けてるからファンのブーイングは仕方ない」

痛っ!

ホントに一部だけでしたが、ブーイングが聞こえたのは事実。
理由もまさにその通り。でも、大人気ないね。サンタナも。一部メッツファンと同レベルになるのはやめてね。このあと、フィラデルフィアでは好投で勝ち、そして今日またロードで投げるので今度の登板までにこの一件は忘れられるでしょうけどね。

フィリーでのスイープを逃したあとは、シカゴでカブスに連敗。久しぶりに見ましたが福留はいい打者ですね。ここまでは超順調、ファンも相当気に入ってるみたい。一度は壁に当たるでしょうけど。

とにかくチャンスに打たないのは代わってない。カルロス・デルガドもベルトランも打たん。つながらん。ベンチもどうも力にかける。ベルペンは相変わらず不安定。1年半振りに復活したばかりのデュアナー・サンチェスの方がアーロン・ハイルマンよりも圧倒的にファンから信頼があります。。。

ちなみに新球場の視察もかねて今日、明日のナッツ戦をワシントンDCまで見て来ます。携帯をなくしたので現地からアップは難しそうですがまたレポートしますね。
弱いナショナルズで調子を戻したいところ。

初回のサンタナ。思ったより盛り上がらなかったですね。満員ではありましたが。。

先週は打ちまくったデービッド・ライト。MVP候補なのは間違いないですね。
おデブだけど、今年からベジタリアンになったプリンス・フィルダー。HRが出てないのはそのせいではないとは思うけど。。。。(笑)
今日のMr. Met。
エリック・ガンエー。昔の面影はないけれど。なんだか打たれていますがこの日はビシッと押さえました。


三階から。きれいですね。

これは15日のジャッキー・ロビンソン・デーから。新球場の入り口にできるホールは彼の名前がつきますね。。
下は上で書いたように復帰のサンチェス。寒くて、もう残ってなかった観客から大歓声とともに復活。がんばってほしいもんです。シェイでもヤンスタ同様のカウントダウンがあって、この試合後あと75試合。(現在あと73試合ですね。) もっと読む

2008年4月20日日曜日

ビデオ:4/17、マニー・ラミレスの当然のホームラン

4/17の。歩かせろーと思うファンが多い中、当然のように特大のHRでした。

これも期間限定で公開。

video もっと読む

ジーターの2点タイムリー(4/16ボストン)

いやいや、風邪をひいてました。なのに寒い中球場に毎日いたので治らない事。治らない事。1週間以上、エネルギーをセーブして(ブログも書かずにねw)元気を振り絞って試合にいくことをしてましたが、暖かくなって来たし、やっと治りそうなのでこれからまとめて色々アップ。

まずは4/16のヤンキース対ボストンの4回、4−3と勝ち越したあとのジーターのタイムリーのビデオね。

また期間限定で行きます。
video もっと読む

2008年4月11日金曜日

ネルソン・フィゲロア、回り回ってのシェイ登板

いやあ、今日も寒かったけど、嬉しい勝利ですね。何がと言えばメッツの先発ネルソン・フィゲロア。彼は子供の時からの大のメッツファン、遥か昔にメッツにドラフト(30巡目かな)されて、それなりに期待をされたも、色々あって回り回ってメッツに戻って来てのメッツのユニフォームでの初登板。

5回途中まで完全試合を続けていました。6回2失点6奪三振。

彼はアリゾナがカート・シリングを獲得した時のトレードにも入ってたりもしました。
地元ブルックリンのリンカーン高校(バスケで有名、ステフォン・マーブリーとかセバスチャン・テルフェアーとかね)の出身。
去年は1年間で台湾、メキシコ、ドミニカの3つの違うリーグ/シリーズでMVPを取るという偉業も成し遂げてます。もうすぐ34歳になる彼、肩の手術のあとによくもここまで戻って来たもんです。まあ、今後も長くメジャーで先発できるかは微妙ですが、しばらくは5番手ならいいかなという感じ。がんばってほしいもんです。

今日は彼に尽きますね。

レフトのモイセス・アルーの代わりでここまで打ちまくってるエンジェル・パガーンは今日もよかった。拾い物と言ったら失礼(一応カブスでそこそこやった)ですがここまでのMVPです。
ただ、ホセ・レイエスが太もも裏の張りで途中交代。ちょい心配。

ブルペンはちょっと落ち着いて来たかな。

明日はヨハン・サンタナのシェイ初登板、今日も明日も天気が微妙だったのによくなるみたいで。
楽しみです。

最後は今年も「今日のMr. Met」、Tシャツを飛ばそうと頑張ってます。

もっと読む

ヤンキースの最近


いやいや。野茂がまたメジャーでみれるとは。アレックスとポサダ(肩の怪我も打つ方は問題ないようで)にドカーンと打たれましたが仕方ないですね。それなりにやれる球は投げてましたよねえ。KCは最近までの落ち込みからついに上昇気配。いいですねえ。ヤンキースをスイープだったらおもしろかったんでしょうけど。

ケネディは雨の予報のためにリリーフで出て来たり、松井がライトだったり、ジラルディも色々やってます。うーん。まあロスターがこれだと管理は大変ですけどねえ。

ヒューズといい、やはり若さがでてますよね。なんとか打線でカバーしつつ成長してもらわないと(一番は安定感ね)ヤンキースはきつい。心配は無用だとは思ってますけど。

ロスターといてばジーターの微妙な怪我のために、シェリー・ダンカンがマイナーに落とされました。3Aの初戦からHRに3本の二塁打。オプションが残ってるから仕方ないんでしょうが本人は内心超怒ってるでしょうねえ。(写真は4/5のダンカン。早く戻って来てほしいね)

昨日のペティットの好投はいいニュースでしょうね。彼は絶対に必要なので。
それにしてもヤンキースは4月からキツいスケジュール。
ローマ法王とオールスターのせいなんですけどねえ。 もっと読む

ボストン開幕戦その2


強行日帰りだったので書く暇がなかったこともあり、簡単にまとめ。
とにかく派手なセレモニーでしたね。2004年の優勝後もすごかったみたいですが、今回もまたホッケーのブルインズ、NBAのセルティックス、NFLのパッツ、レッドソックスの04年の優勝組とトロフィーを持って来ての自慢でした。
そのあとにリングを一人一人に渡しました。今年は首を切られたダグ・ミラベリも来てましたが歓声が大きかったですね。松坂は先発だったので名前だけ呼ばれて終わり。岡島も当然大歓声でした。
そしてやはり極めつけはビル・バックナーでしょうね。始球式は誰かスペシャルなサプライズだと言われてましたが、下のyou tubeの映像にある1986年のメッツとのワールドシリーズの第6戦、9回2アウトからトンネルをした彼です。彼のせいで86年に負けたわけではないでしょうが、完全にスケープゴートだった彼。やっとフェンウェイに戻って来ました。
もっと早く許すべきだったとは思うけれど、2度優勝してこのタイミングが一番よかったのかもしれません。



この下がその始球式の映像。ちょっと感動。



そして、パピを先頭にみんなで優勝フラッグを掲揚。グリーンモンスターの壁にはこれでもか!という大きさの2007年チャンプの垂れ幕がセレモニーの最初から掲げられ、優勝すればなんでもありだなあ、と。
むう、うらやましい。。

で、セレモニーが終わったあとにいつものようにブルペンへ。ホーム側の方は去年までと違い始めの2列の席がなくなって写真が撮りやすくなりましたねえ。係員もそれほどうるさくなかったです。
ケニー・ロジャースは好きにはなれない選手ですが一応何枚か撮っときました。

開門後結構すぐにはいりましたが、強力打線だけど打ってないデトロイトのメンツを眺めてました。シェフィールドが一番サインしてましたね。トッド・ジョーンズと。名伯楽的リーランド監督も。
右下は7回にゴッドブレスアメリカを歌った(いまいちでしたがw)地元出身エアロスミスのスティーブン・タイラー。過去はかなり好きなバンドでした。

ワールドシリーズでアシャンティが歌ったあとに普通の通路から出てくるのを覚えてたのでわざわざ近くまで行って来ました(笑)
http://blogs.yahoo.co.jp/sportsworld_ny/38389804.html
http://blogs.yahoo.co.jp/sportsworld_ny/37693444.html

試合自体は松坂の今年を期待させるものでしたね。あとでハイライトもみましたがあれなら不調のデトロイト打線だけでなく、どの打線でもそう簡単に打てないな、と。

怪我人は出てますが、まあレッドソックスは強いでしょうね。圧倒的な優勝候補ではないと思ってますけど。 もっと読む

2008年4月10日木曜日

メッツ、ペルフリーでフィリーズに勝つ



こんなシーズン最初から一喜一憂してたら体がもたんでしょうけど、あれだけ昨年勝てなかったマイク・ペルフリーが二転三転でオープン戦はよくなかったけれど先発4番手になってしまっての初登板で、あれだけ昨年勝てなかった完全に宿敵となったフィリーズに勝った事で一安心。
最高の投球ではなかったけれど速球のコントロールがあったのでペルフリーは5回2失点。この際合格です。

また明日レッドソックスも含めて書きますがとりあえず写真とビデオを。
外野にはもう外身はほとんど出来てるシティ・フィールドが。
ライトの打球は相手がエラーしまくってくれての8−2。こういう拾いもんを生かしてかないとね。

ビデオは初回、二塁手アットリーのエラーで先制のシーン。
video もっと読む

2008年4月9日水曜日

メッツ心配すべき?

フェンウェイパークにてレッドソックスの優勝のセレモニーを見ながら、そして試合中も携帯でチェックしてましたが、メッツは開幕戦でライバルのフィリーズに2−0から2−5と逆転負け。

これで去年の6月の終わりからフィリーズに一度も勝ってません。
あの去年の終末振りを忘れる為にも勝っておきたかったんですが。。。
長いシーズン、焦るなってのはランドルフ監督といっしょですが。。。
それでも、去年の事考えると、1勝がどれだけ大事か。。。焦りたくなりますが。。。

ペドロだけならともかく、エルデュケはどうやらさらに一月から一月半はアウト。そして6、7回を投げさせたいマット・ワイズも1週間はアウト、昨日はチームから許可を得たけれど試合に間に合わなかった左腕のペドロ・フェリシアーノ。。アーロン・ハイルマンの一発病も続くかもだし。

頑張ってもらわないと困る2年目の右腕マイク・ペルフリーが今日は先発、彼の為にも、そしてチームというかファンのためにも好投してもらわないと。。いや、今日彼がぼこぼこに打たれてフィリーズにまた負けると(10連敗になります)パニックが始まるかもねえ。
デトロイトの開幕7連敗があるからまだましか(笑) もっと読む

松坂、今年はやはりやりそう。レッドソックス開幕戦



簡単に写真2枚だけはまず。

松坂は今年はやりそうですね。まだ制球みだれることあるけど。

試合前のセレモニーはやりすぎなくらいすごかった。

まさかビル・バックナーが出て来るとは!完全に呪いは解けたという事でしょう。

かなりワールドチャンピオンがうらやましかったですね。 もっと読む

2008年4月8日火曜日

アブレユ好調、松井もね。ムースの殿堂入り。


ああ、あと45分でボストンに出発。なので簡単に書きますが。

また寒い夜に戻った感じ(いや、去年とかに比べればたいしたことはないんですけどね)の中、ボビー・アブレユは好調です。3の3と四球。あとダブルでサイクルでしたね。(写真は彼と打席を待つA-Rod)
この打線、この人が好調だとものすごいはず。去年はデーモンもそうでしたが彼が前半死んでましたからねえ。契約最後の年で絶対にやると思いますね。

松井も相変わらず打ってますねえ。2安打2打点。

マイク・ムシーナが好投の6回2安打1四球3奪三振。
彼が4番手から3番手に近い投球をし続けれたらいいんですけどねえ。

これで251勝目。殿堂入りはどうか?300勝はちょっときついか?
すべてにもう一歩で終わりそうな感じですね。20勝もしてないし(19勝2回)、サイヤングもぎりぎり逃してるし(2位1回に5、6位多し)、完全試合も3回やりのがしてるしね(最初の25、23、26人をアウトにしたあとヒット許す)。
殿堂入りもニアミスっぽいね。。

ブルーニーは相変わらずいい投球してますが、ホーキンスはさすが史上最悪のヤンキースタジアム投手、点は取られなかったけれどダメダメでしたね。。

ジーターはふくらはぎの怪我で長いと1週間、まあもうちょい早いはず。

6-1の勝利でタンパとは2勝2敗。こっからKCです。野茂みれるかな?

で、あと74試合。 もっと読む

ビデオ:4月7日のアレックス・ロドリゲス(2日限定)

三塁ゴロですけど(笑)
松井秀喜のウォームアップも見れて2倍お得です。ホントか??
言ってるとおり一番始めの動画は消しました。見たい人は言ってください。そのうち再アップするかもです。 もっと読む

2008年4月7日月曜日

松井5番に昇格、そこが彼の場所


誰も打たないので当然だし、この日の先発ジェムース・シールズからは打ってるので当然の昇格。

あるファンの言葉、「That's where he belongs, anyway.」
5番が彼の場所でしょ。というとこです。

僕自身もそのうち上がって来るとは思ってましたし、ジラルディも基本は松井を5番もしくは6番と考えてたはずも、出遅れもあったし他の選手もスターには変わらないので、松井が打てば徐々にあげる予定だったはず。こんなに早く5番に戻るとはね。今日はどうか知りませんが、5番が松井の場所でしょうね。

ホームランはビデオにもとっちゃいましたが
、甘いチェンジをガツーンといきましたね。その次の打席は満塁で3球三振だったようにシールズのチェンジは一流です。
松井は3安打でした。

上の写真はアレックスにタンパのB.J. アップトン(彼は30−30候補)に好投の王健民。王はほぼ完璧でした。最後はジョバはランナーを消してくれてリベラへと黄金リレーの完封、2−0。
打ててない打線なんで投手陣の活躍が必要ですね。

ジョバのこの完璧なリリーフ振りを見ると、彼がいなくなってローテにいった方が怖い気がしちゃいますよねえ。

ジアンビは足の付け根の怪我でダンカンは出場停止中。だからまあいいですが、今後どう打線と打順を変えて行くのかは見物です。

この日はヨギ・ベラがレバーを引いて数字が減りました。あと75試合。 もっと読む

サンタナ、やっぱり土曜日登板

昨日は好投をしたも、アトランタ・ブレーブスに負けたヨハン・サンタナ。

ペドロの怪我のために1日繰り上がったはずがまた当初の予定通りに土曜日シェイ初登板。
週末は天気がよさそうでないんですけどね。。。

うーん。メッツ全体としての心配はしてませんがやはりフィリーズとブレーブスとの三つ巴でしょうね。

ああ、ホームオープナー行きたいな。。でもボストンにいます。。。まあ仕方ないね。 もっと読む

2008年4月5日土曜日

ビデオ:4月5日の松井秀喜の打席(2日限定)

第3打席かな。あっさりと3球で終わりましたね。ライトフライでした。
HRが撮れれば最高なんですけどねえ。

シェリー・ダンカンも差し込んで撮りました。彼の動きはいつでも好きです。なのでつい松井から左に手が(笑)

*消去されてます。見たい人は言ってください。再アップあるかも? もっと読む

打てないねえ、ヤンキース+最良の席

今日の先発ペティットは怪我明けだったし、打たれても仕方ないかなあというところだったし、前日のホーキンス、ファーンズワースは信用できない人らだからこれも打たれてもやっぱり、でしかないけれど。
開幕5試合でどうも打てないね。勝った試合もまともに打ってないし。寒いってのもあっただろうけれど、去年と同様に開幕から打線はつまづくのかな?それともタンパの投手2人を褒めるべきか?
今日のエドウィン・ジャクソンはまだまだ可能性の高い人ではあったし、今日はコントロールもキレもあったみたいだったからね。。。
あとは気を入れ替えて真剣にやってるリリーバーのブライアン・ブルーニーが別人のよう。あの球とスライダーならコントロールがあったら打てません。大事な場面でどうなるかな?


で、まあちょっといい席(実は最良の席のすぐ後ろ)から眺めていたんですが、新球場、来年になったら定価で年間席としての値段は1250ドルか850ドルになる予定の席。とてもじゃないけれどそうそう回って来ないでしょうね。。。
現在最良の席を所有してる人たちには新球場の中のツアーを行っていて「あなたの(会社)の席は今年の10倍/5倍/3倍の値段になります。」が、「こんな席になります/ここに移動ができます」とピッチをしてるみたいですね。

はじめの10列はとりあえずスーツ着た人しかこないんでないかという感じ。

10年前は85ドルだったと思うが(笑)30倍になるということ。。

食べ放題ね。その値段じゃ全然うれしくないけど。

いや、そういう席があってもいいと思うけどちょっと多すぎだと思う。1800席。その後ろの1500席くらいが350ドルになるのかな。

ということで今年は色々と写真などをとれるだけは撮っておこうかと思ってます。


アレックスね。であと76試合。


ジーター。相変わらずカッコいいですな。
そしてダンカン、この人のネクストバッターズサークルでの動きは当然のように誇張されてますねw
右肩の痛みから捕手へ復帰のポサダ。


松井。相変わらずスタンドを向かないので横顔がほとんどです。。
で、HRを打って喜ぶタンパのジョニー・ゴームス。彼は2回にもあわやというのを打ったあとに、HRと思い込んでたらたらと走ってて2塁でアウト。。。そして守備では松井の飛球を見事に落球(笑)
でも、この打力があるから使われたんでしょう。。

で病み明けのペティット。まあ、今後よくなるでしょ。

明日は王健民対ジェームス・シールズ。いい勝負をみたいです。 もっと読む

松井一号も、ヤンクス惨敗 (4/3)

家戻ったらばったり寝てしまいました(笑)

どうやらまだ、野球生活に体がもどってないようです。。いや、年とってきたかなあ(笑)


ということでいまさらのように追加しますね。



ホームランを打って三塁を回る松井と打つ直前ですね。打った瞬間は切れるかと思いましたがなんだかポールを巻き込んだのか、第1号。あっさりと1本目。本人も言ってましたがやはり早い時期に一本でるのは違うでしょうね。
どうなんでしょう。状態は普通かなと思いますね。

タンパのクリフ・フロイドの打った瞬間のHRのあと。カイル・ファーンズワースから。
ファーンズワースはなんだかんだ言われ一番信用されてないですね、当然ですが、ジラルディとエイランド投手コーチは直せるって言ってた様な(笑)
フロイドは元メッツということで、いやその前から好きだけど応援はしてますけどねえ。

ファーンズワースよりも新加入のラトロイ・ホーキンスはさらにボロボロ。
分かってた事ですが彼は重圧の大きい所ではダメ。ヤンキースタジアムでは史上最悪(か現役最悪)の防御率を誇ってます(笑)16試合0勝4敗、防御率11.10の30投球回で57被安打。。。マジでヤバい成績ですよ。笑い事でないくらい打たれてますね。

先発のケネディは全く持ってコントロールがなかったですね。彼はそれが一番の売りなんで。。。まあ、次に期待。

下は3回裏に三塁に来たジーター。0−6からこの回は松井のHRから始まり一挙に4点だったんですが、あとは快音0。

岩村は嫌な打者ですね。 もっと読む

2008年4月4日金曜日

今日も寒い中、ヤンクスはいい船出


またまた寒い中、ブルージェイズはまたも先発ががんばったんですがヤンキースには運もありましたね。
ノーアウト満塁でA-Rodの6回には結局、暴投と犠牲フライ、勝ち越した8回も犠牲バントの処理ミスでの3点による3−2。

この打線は絶対に打つので3試合8得点ってのは心配無用でしょう。いい投手には打てなくて当然、寒ければもっとです。トロントはこの3人が持てばシーズン通していい位置には残るでしょうね。

いい船出というのは昨日の先発ヒューズが成長してるのをみせてる事。チェンジやカーブもきっちりと投げてましたね。少なくとも3番手ならいけるはず。ジョバはガッツポーズを見せずに回を終えました(こっちの有名なスポーツラジオでは派手なポーズを批判してますが、本人はそれは自分らしさなので続けると言ってます)が、やはり打てないでしょうね、リリーバーだと、この人は。

今日からオープン戦で因縁のついたタンパベイとの4連戦。
若手3人衆のもう一人イアン・ケネディの今季デビュー。サンタナのトレードにケネディも出したくなったヤンキース。それに見合う活躍をするとは思ってますがどうでしょう?

この日の5回のカウントダウンは元スターで解説のポール・オニールでした。
ヤンキースの策略にはまって今日は誰だろう?と気になり始めました(笑)
残り78試合。

写真は犠牲をフライも含めてコツコツ打ってるアブレユとジーター。
今年はホントはいけないんですがビデオを少しずつ撮ってます(そのうちいいのがあればちょっとだけ公開しますよ)。それで浪費したのを忘れててカメラの電源が切れてました。なので携帯なんであんまり画像よくないですが。。 もっと読む

2008年4月3日木曜日

ペドロ、4−6週間アウトだけど

個人的にはそれがどうした、ってとこです。

これでメジャー1のローテではなくなったけれど、2、3番手がジョン・メインに今日好投したオリバー・ペレスであれば大丈夫なはず。とりあえずパニックする必要はないでしょう。こんなにはやく休憩がくるとは思わなかったけどシーズンをフルになにもなく行く可能性の方が低かったわけで。

昨日はペドロ怪我のあとに0−4から(相手がメジャー最弱のチームの一つといえど)追いついたし、今日は13−0の大勝。選手らはショックは0のはず。

開幕戦のサンタナの登板は書く時間がなかったけどヤンキースの開幕戦が中止になったおかげで初球から生で見れました。(重要でない)ミーティングを抜け出してバーで1時間以上見てしまいました(笑)
上々でしたね。

打線はレフトのアルーの代役のパガンもここまで打ってるし、チャーチは左投手から今日HR、シュナイダーも悪くない。
唯一不安なカルロス・デルガドは。。どうなんでしょうね。今日は左腕からうまくシングルしてましたが。

とにかく心配はしてません。
これで4、5番手が計算できなくなったけれど、去年の事を考えればこんなのたいしたことないでしょ。

ペドロの怪我で痛いのはローテがずれること。12日の土曜にサンタナのシェイ初先発のはずが金曜に。。そして4/23にワシントンDCであるナッツとの試合もサンタナになるはずがずれてしまいました。(見に行こうかなと思ってます。新球場だし)
ペドロの最後のシェイ開幕登板がなくなったのは残念でしたけどねえ。。ま、1月後くらいに元気で帰って来てください。 もっと読む

2008年4月2日水曜日

寒い中、A-Bomb一号


寒かったあ。前日が暖かかったので油断してましたね。
この中で野球見るのもやるのも大変です。
トロントのA.J. バーネットが昨日のハラデイに続きエースの役割を果たしました。彼がいい時は打てなくて当然。特にこの寒さであの球はキツいでしょうねえ。

この上の写真はアレックスの第2打席、ここは二塁フライで終わりますが、7回に疲れたのかバーネットの球が浮いた所をガツーンとセンターへでかいのを。一号。
多くの人が去年のリピートはない、でもMVPだろうと言ってますが、リピートできると思いますけどねえ。

その2点だけで5−2と負け。A-Rodも9回裏に一発で同点にするチャンスがありましたがそこでは三振。松井の前で終了しました。松井はポサダが右肩の張り(軽いらしいですが)のため出場回避で7番ででて今季初ヒット。DHは暇でしょうねえ。ずっと守備ででてた人なので調節が大変そう。。

ちなみに写真の右上は例のカウントダウンです。あと79試合。
今日はスーパーボウル優勝のジャイアンツのメンツがオーナーのボックスから番号減らしをしましたね。
毎試合、5回終了したらこうやって派手にやるのかな?? もっと読む

ヤンキース、「最後」の開幕戦

一日遅れの開幕戦は2003年、松井がデビューした時以来。その時は雨でなくて雪。それも本気の大雪でやりようがなかったですが、今回はかなり抜けましたね。まあホームがシーズンの開幕の時は実際に試合が始まらないと気分が入って来ないのが僕です。
1日遅れという事で他のファンも選手の紹介から気合い入れてというファンは前日より少なかった気がしますね。

ということでヨギ・ベラに付き添われてのレジー・ジャクソンの始球式からしか見てません。大分年齢が上がって来ましたね。もう30年前ですからね、あのミスター・オクトーバーのヤンキースでの活躍は。
ヨギはいつまで元気に球場に現れてくれる事か。。ヤンスタ最後の年、レジェンドも数少なくなりました。
レジェンドと言えば、選手の名前を呼んだりする場内放送のボブ・シェパードが今年(というか去年の終わりから)は体調がよくなく58年目に戻って来ないかもというのは前から書いてましたが、なんと、彼の声が聞こえてくるでないですか!

ジーターが前から言ってまして、シェパードが引退しても彼の打席の時は彼の声の録音を流してほしいと。

「Now Batting for the Yankees..」と聞こえて来た時はおおっと本気で反応してしまいました。

前日から既にニュースになってましたが、完全に忘れてました。やっぱりあの声がなくなるのは寂しいですね。

ということでプレーオフの悪夢を忘れたい王建民が先発。精神的にリフレッシュできてればいいですけどね。
内容はまあ悪くはなかったかな。相変わらずのいいシンカーではあります。スライダーとチェンジアップがレベルアップできればね。。

初回から今年は契約最後できっと頑張るアブレユのシングル、そして大歓声の中で打席に入ったアレックス・ロドリゲス。去年と同じ雰囲気ですね。少なくともレギュラーシーズンは完全にニューヨークを克服したかもです。ということはプレーオフでも打席数が増えれば自然と結果はでてくるかも。(シアトル時代から打てないわけではないですしね)
ここでもさすがの当たりで右中間への強烈なライナーの二塁打。先制。


トロントの先発のハラデイは立ち上がりしか普段はあまりチャンスがないですが今日もそうでした。
メルキーが2−1と逆転されたあとにライトのポールの横ぎりぎりへのヤンスタHRを高々と打ち上げて同点。メルキーは好守でも魅せましたね。デーモンではできなかったでしょう。。



でまあ、7回の裏まで2−2。ジョバがウォームアップする中、ワンアウト2、3塁、ポサダ。敬遠。満塁。松井。
うーん、なんだか見覚えのある展開。その中止になった03年開幕戦。。。
前日のカブス戦は福留が9回ツーアウトに同点3ランを打ちましたが、あそこまでではなかったけど衝撃的だった満塁弾。
松井本人も思い出したそうですけど。。結果は二塁ゴロ。。いや、当たりはよかったけれどね。
でも勝ち越しで仕事は果たしましたね。


勝利打点でした。膝は問題なさそうな全力疾走が見れました。

でまあ、ジョバがでて来たんだけど、すごいフラッシュだわ。スーパースターの登場という感じでした。
ブルペンだと無敵に近い人ですね。本人も間違いなく快適なはず。そりゃあエースになれればそっちの方が全然価値はあるんだけど。。。まあ、仮にうまく行かなきゃまた抑えってこともできるか。

勝ってよかった開幕戦。
あんまり何も変わってない球場でしたが(そりゃ最後だし投資するわけはない)一つ違うのは下の最終戦までのカウントダウン版。
昨日は5回終わって試合が成立した時点でジョージ・スタインブレナーがスクリーンにでて来てレバーを引いて81から80にかわりました。

プレーオフになったらどうするんだ?優勝まであと何勝とかにすんの?(笑)

あと一日中止になって4/1なのにオープニングデイ・3月31日と書いたグッズをファンは買うことに。
笑えます。
ま、エイプリルフールってことか(笑)


いろいろ。ジーターにアブレユ。デーモン。下はレジー・ジャクソンにヨギ。そしてジュリアーニ元市長。 もっと読む