2008年6月27日金曜日

松井、DL入りに井川アップ。サブウェイ変則ダブル初戦

つーか、夜の試合、シドニー・ポンソンが先発で井川が敗戦処理だったらかなり笑えるんですが。。ヤンキースファンにとっては悪夢ですね。。。

でそのポンソンをあげるのに松井が予想された通り故障者リストで復帰は最短で7/8か。うーん。ヒザはあんまりよくないみたいだからねえ。

ヤンスタの1試合目が終わりこれからシェイスタジアムにいってきます。

1試合目は15−6でメッツ。写真だけアップ。
あれだけ死んでたデルガドが2HRに9打点とは。。。(下は満塁弾の時)


笑うアレックス。4回のいいとこでは打てなかったけど、どうでもい時にHR。

デービッド・ライト。ヤンキース相手にはホントよく打ちます。こういうのがNYのスターのあるべき姿。

もっと読む

2008年6月17日火曜日

メッツはおバカさん

あいかわらず恥ずかしい球団のままでした。

ランドルフ、ついにクビに。
(+投手コーチのリック・ピーターソンと一塁コーチも。現ベンチコーチのジェリー・マニュエルが後任)

どうせクビにするならもっと早くすべきでしたね。
宙ぶらりんのまま6週間ほど、いや、去年の終わりからか。こんなことして何の意味があったんでしょうか。

ランドルフは昔から好きですし、戦術は問題ありましたが、NYらしい人だったんですがねえ。。

まあ、また書きますが、これでミナヤGMもチームもあとがなくなりました。 もっと読む

2008年6月16日月曜日

王建民、シーズン絶望か?

昨日の試合、走塁中に右足を痛めた王ですが、予想通りに最悪に近い診断。右足の腱の捻挫と部分断裂。
早くて8月終わり復帰。
6週間はギプスに松葉杖だそうで。

昨日の試合のあと「超痛い」と言ってたようで、カートで運ばれたらしいので厳しいとは思ってましたが。。。
まあ、普通に走っての怪我、運がないというしかないんでしょうか。交流戦で慣れない事をした、と言えばその通りですけど。

さあ、これでヤンキースはどうするか? マイナーからプロペクトか? トレードでC.C. サバシアか誰かか?井川慶か?(笑)

笑い事じゃないですねw もっと読む

2008年6月15日日曜日

今度こそランドルフ、クビか?

大半の報道ではこの週末次第でランドルフ監督はクビだなんて言われてます。
クビかどうか?でなくていつクビか?とかねえ。

まあ、昨日も書いたように監督代えてよくなるなら、こういうウダウダの状況はやめてはっきりした方がいいね。
前回もこういうあとにいいエナジーを出して勝ったように、ランドルフ自体が選手から嫌われてるとか選手がついて来ないとか言うのはないはず。単に選手が足りない、弱点ばかりが出てる、そして前から僕はランドルフは応援してますし、彼は適してるはず。なので代えても上手く行くとは思えないけれど、それしかないのなら仕方ない。

いつも全力プレーの元レッドソックスの人気者トロット・ニクソンの加入は悪くないし、なんとかよくなってほしいもんです。

下の写真にある大雨のせいで昨日は中止、今日ダブルヘッダー。スイープしたいところ。

テキサスの選手がスライドをしてるシーン。やりてえ。
現在のチームキャプテン的存在のマーロン・アンダーソン。その辺からしておかしいんですけどねえ。
もっと彼みたいな選手がそろえば面白いですが。。
金曜の快勝の時。こういう試合をやったと思ったら、打てずに、とか、ブルペン炎上、とか、とにかく安定感無し。。。
もっと読む

2008年6月13日金曜日

メッツは終わったか?終わってなくても何かが必要。

また、ウィリー・ランドルフがクビか?なんて言われてます。
これだけの期待を背負って、この成績でこの状態なら当然なんらかのチェンジが必要なので、当たり前です。もうクビならクビでいいのでなんかやるしか無いでしょう。



今またシェイからブログしてますが、昨日の試合は今季で最悪にキツい負けでした。
ヤンキースタジアムからスタジアムツアーを終えたまま、直行して40分ほど、5回から7回までみましたが(マンハッタンでミーティングがあったので)、最高に気持ちのいいデーゲーム、ヨハン・サンタナがエースの投球を続け、アリゾナのダン・ハーレンとの投げ合い。サンタナが7回10奪三振で降板、4−0で球場を出て、ジャクソンハイツというクイーンズにある地区でインド料理を買いながら携帯をチェックしてると。。。4−2と8回に。前夜3−0から9回裏スリーランHRを打たれたビリー・ワグナーがこの日も9回炎上。4−4の同点。もう唖然と言うか言う言葉がないですね。
10回に勝ち越されて、そのまま負け。9回にも相手の好守でサヨナラできず。その前もチャンスをつぶしてたのもあるけど、これはない。。。

前夜は前夜で2年目で将来への期待はまだまだ高いマイク・プルフリーがメジャーに上がった後では最高の投球で8回+を0点で降板後に。。。ワグナーが3ランを許す。(それまで3三振の一発屋マーク・レイノルズに。現在好調で一番ヤバいタイプだと一緒にいた人には言ってましたが信じられませんでしたねえ。)
この時の球場の雰囲気はもう昨年の最終戦、大沈没の極めつけの初回の8失点と匹敵する静まり。このHRの時は観客もブーイングもする気力が無いくらいホントに唖然のぶちこわし。

ワグナーは今季はほぼ完璧ですが、パドレスのトレバー・ホフマンと同様、ホントに大事なセーブを取れない人です。先週のサンディエゴでのまさかの4連敗の時もそうだし、肝心な時にダメです。

まこの日は延長13回でカルロス・ベルトランのHRでサヨナラだったんでよかったんですが。3連戦の初戦も5−1から逆転負け。とにかくチームもファンも士気が落ちて当然。別にランドルフがダメとか、選手がやる気がないとか、そうでもないとは思いますが、はた目からでも活力が無いのは明らか。

この前、首脳陣とオーナーのミーティングの後は9戦で7勝しましたが、また逆戻り。ホントこの状態ならばなんらかのテコ入れはどうしても必要かなと。。

あ、あと6/27金曜の昼の2時からこの前中止になったヤンキース対メッツの試合が振替決定。これで両球場最後の年に変則ダブルヘッダーが行われます。シェイでのものはその日の8時から。土、日とも全国中継が入ってて試合時間が変更できなかったので金曜になるだろうと言われてはいましたが変な感じです。
5月には6月両チームとも6月には調子が上がってほしいと書きましたがいまいちのままですねえ。

今日は投げてみないと全くわからんオリバー・ペレスが好投中。3−1。6回。ああ、怖い。
下はHRと打点でアメリカン・リーグを走るジョシュ・ハミルトン。この後すぐにHRを打った初回の打席。
この人の活躍素直に嬉しいですね。前のブログで去年書きました。知りたい人は探して(笑)
ちなみにテキサス・レンジャースがシェイに来るのは初めて。





水曜の試合から。去年の中盤からシェイスタジアムでいやされるのはこの人Mr. Metだけです。


木曜の試合から。
こういう状態のチームを転落を防ぐ為に獲得したサンタナ。仕事は素晴らしかったけど、10個も三振いらないから完投してほしかった(笑)



水曜から。
上からポテンシャルを見せた8回8奪三振のペルフリー。
代打でこんだけ頻繁でる投手は近年いないマイカ・オーウィングス。この時は三振でした。
下は話題のハードスローアー、マックス・シャーザー。プロスペクト好きとしては見逃せない所ですが、どうなんでしょう。言われてる通り球は速いし、スライダーもいいのでブルペンからだと打てないでしょうね。ただ、やはり投げ方は怪我しそうだし、コントロールも乱れる事がありそうですね。


もっと読む

2008年6月9日月曜日

ムースまた好投もKCのギエーンまたHR

ムースは完全に変身しましたねえ。
昔から一番好きな投手の一人で、彼ならコントロールといい投球術、球種の多さといい年齢を超えて頑張れるはずと思ってましたがこの数年の衰え(特に速球)をカバーする投球ができてなかったのには驚いてはいました。
去年を見てしまうとこのまま消えて行くのかと思ってましたし、今年の始めにもこれまで今一歩ですべて(20勝、サイヤング、ノーヒッター、完全試合)来てるので300勝、殿堂入りもそうなるかと思ってましたが、なんとまあ、ヤンキースで一番安定してるじゃないですか。ま、イコール他がダメということなんですが。。。

今日もベテランの味で、8回を2失点(7回に捕手ミゲル・オリーボに2ラン)。で、アレックス・ロドリゲスがすぐ裏に同点2ランも、今季初の3連投だったリベラが、ホセ・ギエーンにソロHR。2−3で負けました。

もうすぐまたリベラは大丈夫か?って言われ始めそうです(笑)この数年何度も言ってますが彼の力は全く落ちてないでしょう。3試合で2HRはかなり珍しいですけどねえ。

ギーエン(写真下。このシリーズではセンターのガスライトとともに守備でもいいとこ見せてましたね。)は3試合で4HR。ホント波があります。ファンタジーのチームにいてヤンスタでは打つと思ってたので使ったのは正解でした。。



7回終わってベンチに戻るムースら。暑かったねえ。今日も。日焼けにはちょうどいいかもですが。。。


あと48試合ね。 もっと読む

2008年6月8日日曜日

ジョバの二度目の先発とジアンビの口ひげの力

本人も言ってましたがジアンビの序盤は運もなかったんでしょうね。4月の不調中もアプローチは悪くなかったし、捕らえた球も正面だったり、シフトだったりというのも事実だったんでそのうち打つとは思ってましたが。
この数週間はジアンビは口ひげをたくわえてて、それが好調の原因(笑)
彼もそういうのは気にする人で、先月は雑誌で「不調と気は虎柄のヒモパンをはいてスランプ解消をする」という事を書かれて、タブロイドの一面にもなってましたね(笑)これはアスレティックス時代から既に分かってた事でいまさらだったんですが。

ひげはデーモンやチェンバレンらにもすすめてて一時伸びてましたがジアンビのは所謂70年代のポルノ男優ひげでなんだかはまってます。

ということで昨日も勝ち越しHR。(下写真、一塁の上にもThe Power of the Stachとでてますね。stach=mustache=ひげ)一昨年レベルの成績を残したら嬉しい誤算ですね。

ヒゲと言えばやっぱり僕としては2年前のサル・ファサノですが。。
http://blogs.yahoo.co.jp/sportsworld_ny/17392701.html

顔の毛はダメなヤンキースですが口ひげは例外です。

ジョバの2度目の先発は前回よりはまし。まだストライクを投げ足りないところですが、球数制限があるうちは仕方ないかなという気もします。相手も分かってますしね。
でもどう見ても先発で成功するでしょう。(ブルペンの穴をどうするかはまた別の話)

今回も前回同様、お父様が来てます。倒れて調子がよくなかったはずが昨年よりも前々元気にバックネット裏で観戦。先週からジョバ以外の試合も全部来てます ね。セキュリティのお兄ちゃんがいつも横にいて、球場を移動(電動車いすにてすいすいと色んなところで出会います)中も護衛がついてます。

昨日は自分が投げた球のファールライナーに当たった女性のために、マウンドの後ろで祈ってました。
そのあとすぐに三振を取ったのはさすが。
次は85球ほど、あと2、3回でフルになるはず。そうなった時が楽しみです。
前に客を呼べる投手になれるか?と書きましたがすでにそうですね。前回はチケットがなくなってプレミアムに。今回は暑すぎてそうでもなかったですが、初登板の時は普通の試合が価値が上がるとチケットがどこにもなくなって大変、と言うパターンでしたね。

下は珍しいレフトの松井。読売の宣伝をする気はないですが(笑)

もっと読む

2008年6月7日土曜日

ヤンキース、またサヨナラ(KCロイヤルス戦6/7)


video

とてもいい内容とは言えませんが、おもろい試合、ずーっと勝てなかった終盤の逆転パターンがこの前のジアンビのサヨナラ弾といい、続いてるのはいい事でしょう。勢いがでればいいんですがね。
1−5から5−5、6−5、6−10、8−10、10−10、10−11、12−11とサヨナラ。

下のビデオはアレックス・ロドリゲスの2ラン。6−10らら8−10にした、かなりとんだHRでした。

あまりに暑くて(体感気温36度ほど)、上の写真にもあるように警察官もファンから借りた水の出る扇風機を使ってました(笑)彼はいつも相手のベンチ裏にいますが、今日は拷問でしたねえ。チームとしても球場内で水を配ってましたね。

元日ハムのトレイ・ヒルマン監督(写真右中央、わざわざヒルマンさんを見に来られた方もいらっしゃるようですので。)、ここんとこロードでは11連敗をしてました(その前はホームも入れて負けまくってました)が前日はやっと勝ったし、今日も勝てるはずがこれまで安定してたラモン・ラミレス(元ヤンキースのプロスペクトでショーン・シャコーンの獲得の時にトレード)、クローザーのホアキム・ソリアが裏切りました。薮田は8回、2アウト一二塁でアレックスを三塁ゴロ、見逃しちゃいましたが、あわよくばメジャー初勝利を逃しました。大分よくなってきて大事な場面でもこれから使われそうですね。
ヤンスタではよく打つし、左にも強く、今日もすでにHRを含めて打ってたホセ・ギエーンに対し、100球を超えて満塁だった時に先発アンディ・ペティットを変えなかったのはまだ同点で、信頼したかったのもあるでしょうが、ジラルディのミス。結果満塁弾でこのまま終わるかと思ったらヤンクス粘り強かったですね。

9回に10−10でリベラがデヒーススにHRを打たれたあとに、その裏、ポサダが同点HR。これ効きましたね。(左中央)その後、ツーアウトから四球とヒットで、ここまで5打数5安打、打率が.320を超えてきたデーモン。6−6なんて滅多にないですが今日の彼なら打っちゃいそうでしたねえ。(写真左上、サヨナラの直前、お休みだった松井と)
で案の定、サヨナラ。6月としては暑すぎの中最後までいた人は幸せだったでしょう。

残りはホームで50試合。まだまだいっぱいあります。これからよくなるんですかね。 もっと読む

2008年6月6日金曜日

ジアンビーノの代打逆転サヨナラHR

ジアンビ、左足への死球でお休みでしたが、9回に代打で2ランでサヨナラ。
こういうのは滅多に見れないですよねえ。残ってたファンは大満足だったでしょう。

ジアンビーノってのはジアンビとバンビーノ(イタリア語でのベイビーという事でベーブ・ルースのあだ名)をかけてます。彼がそんな名前をもらうのは恐れ多いこと(イタリア系ってことで許します)ですが、昨日のは名前に恥じない一発でしたね。

最近のトロントのクローザーBJライアン(肘のトミー・ジョン手術明け)はいまいちなのでその前の松井がA-Rodをしぶといヒットで返した時点であり得るかもと思ってましたが、特大でしたね。
距離は打った瞬間、切れるかどうかでしたが僕がいた位置からはこれまでの経験上すぐにHRだと確信。
一二塁間にいた松井が両腕をあげて見守ってたのが印象的でした。一緒にいた方らはボールの行方を見てたみたいですが、一人違うとこ見てましたね(笑)

ということでHRの後の盛り上がりです。

今日からヒルマン監督の不調のロイヤルス戦。ヤンキースとしては4タテをする勢いで行きたい所でしょうが。。。

他の溜まってるのはまた今度。。って最近いつも言ってる。。。

video もっと読む

2008年6月3日火曜日

ジャーバ、ジョーバ

チェンバレンがメジャー初先発。さすがにみんな盛り上がってますね。(6、70球で終わりなのでどこまで投げるかは謎)

メッツのペドロ・マルティネスは今日復帰。2年前までは彼がNYで一番客を呼べる投手(数千人違うと言われてましたね)でしたが、今後はジョバがそうなれるか?

ヤンキースファンならば見逃せないでしょう。

何だか色々忙しくてさぼってますが、近いうちになんかまとめます。

メッツもペドロに頑張ってもらわないとせっかく上がって来た調子を保てそうにないしね。。。 もっと読む