2010年4月1日木曜日

今日のヤンクス、メッツのニュース

まあ今日のと言いつつも毎日は書かないでしょうし、他の事やニュース以外も付け加えそうですが時間のある限りニュースでも伝えときます。

★ヤンキース
★ヒューズ5番手
チェンバレンがいまいちでヒューズは成績以上にいいところは見せてたんで間違いは無いと思ってましたが正式に。4/15のホームでのエンジェルス戦まで5番手は必要ないんで先発はしませんね。

★アセベス、サーベリ怪我
順に背中と太もも裏と軽い怪我。開幕は間に合うって話ですが、特にサーベリはDLもありそうです。

★センターはグランダーソン
グランダーソンは毎日プレーするんで守備をころころ変えたくないという理由で彼は常にセンターですね。ガードナーがセンターでグランダーソンがレフトっていう試合はないようです。

★レフトは主にブレット・ガードナー
とりあえずはまたレギュラーのチャンスをもらうようで物に出来るか?左投手の時は先発しない事も増えそうです。ヤンスタのレフトは簡単ではないからガードナーみたいなのはいいと思いますけど。

★ジャーバはブルペン
上に書いたようにヒューズが5番手。ジャーバはブルペン。右肩の怪我をちょっとしてからフォームがおかしいんでブルペンで復活すればいいと思いますね。来年はどうなるか?ってのでスカウトの偉い人が彼はブルペンと言ったのに、キャッシュマンGMはまだずっとそうなると決まった訳ではないと、微妙にもめてました。。。パク好調ですね。アセベスと被ると言いましたが、アセベスよりもクラシックなリリーバーとして使えると思いますけどね。

★パット・ベンディット (Pat Venditte)
日本の新聞にもでてたんで知ってる人もいるかと思いますが両投げの投手がいます。過去にはメジャーでグレッグ・ハリスという投手が一度だけ左右から投げて両方でアウトを取ったことがありましたが、現在マイナー/メジャーにいるのは彼一人。それもハリスとは違い、フルタイムに両投げです。

数年前にマイナーの試合で、ここで初めて聞いたとしても、きっと既に想像をしたかと思いますが、両打ちの打者との間でイタチごっこになりました。審判がその時は決めたんですが、それが原因でルールも変わりました。この当時からヤンキースファンや一部のファンでは話題になってはいた人。NYのスタテン・アイランドで投げてたんで見に行きたいとは思ってましたがリリーフだからいつ出るか分かんないのもあってやめちゃいました。。
24歳ですが、メジャーで投げる事ができるレベルにはちょっと届かないかなというのが一般的な評価、所謂プロスペクトではあまりないんですが、かなりもの珍しく話題性十分。成績はここまでいいですよ。

彼がこの前メジャーのオープン戦で初登板、ハイライトは彼ばかりになりました。
その日はサバシアが先発でその後に出て来たんですが、サバシアは両投げの事を知らずに、左投手が出て来たと思ってたら、いつのまにか右になってて混乱したらしいです(笑)
グランダーソンは彼からサインボールをもらったようです。普通逆ね。

右からは140キロ弱の速球とそこそこのカーブ。左からはサイドからスライダーが武器。どちらもストライクゾーン内の制球がまだまだのよう。もしかしたらヤンキースで、とは言わないですがいつかメジャーデビューすることがあるかもですね。
投手、野手両方とかは最近もいましたが、両投げはさすがに見た事ないです。。

これが上記のイタチごっこのときのビデオね。1分くらいからがDHとの対決ですね。


どんな感じで投げるかはこれがいいかな


あとはサンスポがビデオアップしてますね。


今のルールでは
1. 投手がどちらから投げるか決める。
2. 打者がどちらの打席に立つかを決める。
3. 投手は最低1球投げる。
4. その後は打者/投手とも1度ずつ変えていい。

当然、審判とお互いが分かるように左右を変える。投手は左右を変える場合はウォームアップはできない。使って投げてる腕の怪我をした場合は変えられるがその後はずっと変えた方の腕で投げる。

となってます。

漫画の世界のような話です。ちなみに両手で使える特別グローブを使ってますね。たしかちょっと大きくて指が6本分あります。両側に親指を入れるところがあるわけです。

★ヤンキースタジアム
ついに外壁自体が壊され始めてます。まあ壊れる様子はまた近いうちにまとめます。

ビデオはこんなんで(今日の午後ね)
video

写真も。



☆メッツ
☆ダニエル・マーフィーの怪我
意味の無い試合で三本間で挟まれたのをがんばって逃げようとしてヒザの怪我。。昨年のメッツからだとまたか、という感じですが。。。2−6週間アウトだそうで、一塁はとりあえず、穴はあるけどパワーはある元メッツのプロスペクトでマイナー契約をしたマイク・ジェイコブスが主にプレーしそうです。。。ああ。。。
苦労人クリス・カーターにチャンスを与えたいですけどね。彼はテレビ画面からでも超intense(気合いが常に120%)なのが伝わってきます。話しかけるのも怖いという他の選手の話は誇張されてないかもですね。。。カーターはまだマイナーに落とせるのでおそらくメジャーには残らないでしょうけど。
プロスペクトのアイク・デービスのメジャーデビューが早まる可能性が上がったのは事実でしょう。彼は少なくともしばらくは3Aです。打ちまくったら分かんないですけどねえ。まあ怪我で仕事は失わない事になってますからマーフィーがもどって来たら彼がまたレギュラーなんでしょうが、何ともタイミングの悪い怪我。。。

☆レイエス
怪我ではないですが病み上がりのホセ・レイエスは開幕はDLスタートです。5日後に復帰なんて言われてますがまだ未定。無理する必要はないと思いますが早く復帰して欲しいところです。

☆ローテの順番
サンタナは開幕で決まりは誰も文句のないところですが、その後のローテの順番を変えましたね。メイン、ニース、ペルフリー、(ペレス)となります。ほんとは後ろの2人が最初の2人だったんですが、オープン戦と言えど明らかに調子が出てないんで当然と言えば当然。メインはまだ肩の怪我の前の球は投げられないですが、ニースとともにまあなんとか力を出せる状態にあるように思えるけれど、力を出しきってても順によくて3、4番手なんで。。。ペレスは日程に穴があるので始めは飛ばされるかもだそうです。

☆高橋らベルペン
前に書いた7人になりそうですが、カレーロは契約が遅かったので本調子ではないですね。彼はマイナー契約なんで他の誰かが始めはメジャーになるかもですね。高橋尚成はまず間違いないと思ってますけど。左腕だとここに来て名前が出始めたメキシコリーグからレンタルしてるキューバ出身のラウル・バルデスが意外といいですね。
メヒーアはいまだにいい投球してます。バットに当たってもいい当たりされないし、プレッシャーにも強そうですがマイナースタートぽくなってきましたね。先発するのかは謎ですが、そうすべきでしょう。

☆ネガティビティ
すでに色んなところでシーズンは終わったかの様な雰囲気なのがメッツ。すぐにこうなるのがメッツの特色ですが(笑)まだ1試合もやってないってのに。
開幕戦からふがいないとブーイングでたりするかもですね。
戦力が全て力を出せばプレーオフに行ける力はありますが、そうなったら上手く行き過ぎです。
ヤンキースはチャンピオンでつまらないほど話題がないんで(今んとこ順調なんで)メッツの悪いところをつつきたいメディアはかなり悪影響です。
まあ序盤に勝つしかないですかねええ。

0 件のコメント: