2008年12月10日水曜日

ヤンキースの冬、C.C. サバシア、上原、ウィンターミーティング

去年の今頃はヨハン・サンタナのトレードで盛り上がってましたねえ。その前は松坂大輔。
時が経つのは早いもんです。

ということで今年もメジャーリーグのウィンター・ミーティングが行われてます。ご存知のように個人的にはそれどころではないのかもしれませんが、当然情報はチェックしてます。
去年やその前のように色々とシェアまでする時間はないのが申し訳ないです。去年のように変に情報も入って来ないですしね。半分当たりましたがあれは疲れました(笑)
いまさら興味のある人は旧ブログまでどうぞ。

今年はミーティングがラスベガスということもあり、かなり選手が自分で登場してます。ちょっと遊びながら、交渉できるってのはいいですねえ。
ちなみに単に選手と代理人とチーム関係者らが契約やトレード交渉をしてるだけでなく、MLBという産業(マイナーリーグも含め)に就職したいとか色々売り込みたい人達も集まってます。
世間があれですから職を探すのは大変でしょうけどね。不況には縁がないと言われてたスポーツ界も当然ながらコーポレートとの関係が大きすぎる今となっては影響がでてますね。NFLもそうですし、人員削減がされてます。個々の球団はまちまちなんでしょうけど。

さて、ヤンキースと言えば気になるのはやはりC.C. サバシア。
先発陣の補強は不可欠で今年若手に期待をかけ過ぎたミス(まあ、最悪のシナリオになるとは誰も思わなかったでしょうけど)を繰り返す気はないようで相当な金額を使うようです。

サバシアにはもう一ヶ月近く、6年140億円と言われるオファーを出してますが、返答はまだ。
明らかにサバシアは家を建ててて家族がいて生まれ育ったカリフォルニア、西海岸希望。できれば今年の後半、味をしめたNLのチーム(去年のサンタナではないですが投手が打つので楽で、自分も打席に立てるというのがいいようで)。
ドジャースかジャイアンツ、もしくはエンジェルス。
まあ、いつものように情報が交錯してて、ジャイアンツがウィンターミーティングあとにサバシアと会ってオファーを出す、獲得できる、などと言われた後にジャイアンツのGMがサバシアはあくまで打撃陣の補強が出来なかった時の為だとか言っててホントのとこは微妙。
このオフはなんかそういう嘘に近い情報が流れまくってます。(ネットとか情報が伝わりすぎ、早すぎのご時世ですから仕方ないのかもねえ)

ヤンキースとしてはその辺のサバシアの希望と最高の条件を出しても来ない可能性が十分あるのは分かってるようで、AJバーネット(4年64億から5年)やデレク・ロウ(4年65億)、ベン・シーツといった所にもかなりプッシュをかけてるよう。

個人的にはサバシアはヤンキース以外と契約するだろうと思ってましたし、ヤンキースファンの中には6年140億も提示しておいてなんでまだ合意してないんだ、と怒ってるのも多くいる状況でしたが、どうやら今日になってヤンキースの方からサバシアが6年契約中に契約から抜けられる条項を入れるような事を含めてもう一度サバシアと会ったようで交渉に進展があるかもという話が。
上にあげた3チームもどうやら本気で交渉まではする気がないようで、ミルウォーキー・ブリューワーズは条件を提示してるものの限界が。なのでサバシアの方もヤンキースの条件に手を加えることで合意に向かう可能性が。。

サバシア(もしくは家族)がNYを気に入らなかった場合に抜けられるようにするのはいい手かもしれませんが。。。NYってとこには本気でやる気で来ない限り成功はできないんだけどねえ。。。

まあどうなるかは分かりませんが、これをいい兆候とるべきなんですかねえ。サバシアは不安な気がしますけどねえ。しばらく結果はでないかも?

日本からはそれほどパンチのあるFAやポスティングがないのは事実。田沢は話題にはなりましたけど、どうなんでしょうねえ。彼みたいなケースは初めて(正確には前例はあると言ってもいいけど)なので注目ではあります。
一番名前があるのは上原ですが、過去にヤンキースと日本をつなぐ仕事をしてた人に言わせると少なくとも6−8年前まではヤンキースとしては松坂よりも上原を評価してたようです。その後もスカウトをしたのかは知らないですし、井川の失敗を認めてるように日本向けのスカウトを改善するようなので獲得はないとは思いますが、上原を欲しがってたのは事実なのであるかもしれませんねえ。



最後に現時点では来季のヤンキースは以下の様になってます。

ローテ:
Chien-Ming Wang, Joba ChamberlainにAlfredo Aceves, Phil Hughes, Ian Kennedyは候補。Sabathia, Burnett, Lowe, Sheetsらを狙ってます。サバシアを取れても他にもアタックするはず。ムシーナは引退。残念です。ペティットは戻って来たいみたいですが微妙?

ブルペン: Mariano Rivera, Brian Bruney, Damaso Marte, Jose VerasにPhil Cokeとか色々。

C: Jorge Posdada:彼なら復活するとは思いますが肩は不安
1B: Nick Swisher:トレードで獲得。おいしかったと思いますよ。絶対とは言いませんが打者の目玉のマーク・タシェーラはないでしょう。多分ボストンに行くはず。
2B: Robinson Cano:相変わらずドジャースと外野手のケンプと交換の噂はあるが。。
SS: Derek Jeter
3B: Alex Rodriguez:この人はやはりマドンナ、WBC今回はドミニカ共和国で出場とか話題欠かず。
LF: Johnny Damon
CF: Brett Gardner/Melky Cabrera:誰か獲得したいんでしょう。
RF: Xavier Nady:アブレユは多分戻って来ませんね。そうすると3番に穴ができます。
DH: Hideki Matsui:基本的には今年と一緒DHでたまにレフト。デーモンか松井をトレードって事はないとは言いませんが、いい話はないでしょうねえ。単にトレードしたいだけなら契約最終年だしヤンキースが13億のうち多くを肩持つなら、しやすいとは思いますがね。もちろん拒否権はあります。この冬は球場にリハビリとかに良く来てましたね。

ベンチ: Jose Molina, Cody Ransom, Cabrera/Gardnerランソムでなくて確実な内野の控えが必要?ニック・プントーの名前は出てますね。カブレラかガードナーが4番目の外野手ってのはいいと思います。

3 件のコメント:

mamapapa さんのコメント...

管理人さん、こんにちは。
お子さん生まれたんですか?
サバシアですが、なんとか決まってほしいですね。
最近思うのですが、なんかヤンキースは毛嫌いされているような気がしてなりません。
何故なんでしょう?
メジャーでも最高のチームでしょうし、最高の舞台だと思うのですが。
解せません。

たかびごん さんのコメント...

こちらは井口と田口の動向が気になります…
何処に行くんだろうか…

Brooklynite(ブルックリナイト) さんのコメント...

>mamapapaさん
17日が予定日です。知り合いで13日の予定日でこの5日に生まれた人がいまして、いつ来るかはわからない今日この頃です(笑)

ヤンキースだけが抜けてる時期は終わりましたね。メジャーにとってはいいことだと思います。最高の舞台なのは事実だし、やはり昔からヤンキースタジアムでプレーしたいというのはありますけどねえ。

NYが嫌いとか、NYを敬遠するアメリカ人はおおいですよ。別世界ですからね。大いなる田舎で育つとイメージ的に悪いのは当たり前ですが、ちょっと離れれば子供にとってもいいとこはいっぱいありますけどね。金が必要ですが。

>井口、田口
井口は日本復帰もありそうですよねえ。田口は優勝リングをまたもらっちゃいましたが、マイナー契約しかないでしょうね、きっと。